Classroom Aventureについて詳しくはこちら
お問い合わせ
資料請求

真実を見つける力を
全ての人へ。

真実と虚を見分けるスキルを生徒に教育する今までにない、
メディアリテラシープログラム

Making Fact-checking a Universal Skill.

Educate your students on the skills to discern truth from falsehood.
Media literacy education has never been more entertaining.
Request a FREE demo

誤情報危険性

世界各地で起こる紛争や戦争、またコロナでの混乱など様々なニュースにおいてフェイクニュースと呼ばれる誤情報の拡散が深刻な課題となっています。またAIなどの技術の発展により今まで以上に情報は錯綜、判断は難しくなっていきます。

学生のための
メディアリテラシープログラム

既存のメディアリテラシー教育の多くは、「Wikipediaは信用ならないから使うべきではない」「SNSは子どもたちは使用するべきではない」など禁止するような内容が多く「正しくインターネットを使う」方法は教えてくれません。悪意をもった誤情報に対応するには、信頼できる一次情報に触れ、自らの頭で判断をする必要があります。

総務省の調査では、8割以上の学生が正しい情報を見分けることができないと発表されています。

インターネットにはじめて触れる時に「正しい」情報の見つけ方も学ぶことが大切です。

学生たちは最も誤情報に . . .

触れ、

信じ、

拡散、

します。

全く新しい
メディアリテラシープログラム

5分でわかる
レイのブログ

レイのブログ
の3つの特徴

001 ENTERTAINMENT
物語の世界で学ぶ。
レイのブログは「学生」が開発した「学生のため」のプログラムです。物語は教室の中から始まり、生徒たちは謎の人物「レイ」からの挑戦を解いていきます。没入感を高めたプログラムで生徒たちの参加度を最大化します。
002 ENVIRONMENT
安全に学べるように。
レイのブログはどんな学校でも安全にプレイできるように開発されました。ファクトチェックは時にセンシティブなニュースを扱ったり立場の違いを生み出します。例えばワクチンや戦争問題など、レイのブログは実際の事例に従いながらも教室でどんな生徒でも安全に遊べるようにプログラムを開発しました。
003 SKILLS
スキルもマインドセットも。
私たちチームは誤情報や偽情報に対するファクトチェック記事を日々作っています。そこで培った正しく情報を疑う力と最新のスキルを惜しみなくレイのブログのプログラムに移植しました。レイのブログは「疑う、調べる、判断する」の3つのステップで構成されます。生徒たちがインターネットの海の中で情報疑うクリティカルシンキング、そして自らの力で情報を判断することができるように最新のスキルを学べるように設計されています。

レイのブログの学び方

疑う
インターネット上には正しい情報も間違った情報も存在します。どんな観点で疑うの、怪しいURLって?正しいクリティカルシンキングを学びながら物語の世界に飛び込みます。
調べる
プロも使う高度な検証技術を身に着けよう。画像分析から地道な一次情報探しまで、疑った情報はくまなく検証。果たしてレイの目的は?
判断する
ファクトチェックの最後のステップ。検証の結果をもとにレイの正体に近づきます。ソーシャルメディアから実際のニュース記事に至るまで、さまざまなメディアを通じて真実と偽情報を見分けます。驚きのレイの正体とは?

レイのブログ
で学べること

一次情報を探す
ファクトチェックでは、「探す」という行為が基本である。疑わしい内容の記事や投稿に出会ったら、まずグーグルなどの検索エンジンで検索し、信頼できる報道機関や公的機関の一次情報と比較することが重要である。
SNSの特性を知ろう
SNSは最も誤情報が拡散するプラットフォーム。政府の調査によるとSNSを使う人の30%が一週間に一度は誤情報・偽情報に触れているといいます。SNSを始める年齢だからこそ「禁止」せず特性や危険性を一緒に学びます。
TikTokなどの動画プラットフォーム
昨今、若い世代の間ではTikTokやYouTubeで配信されるショート動画コンテンツが主流となっている。複雑な情報や付加的な文脈を必要とする情報は、短時間で正確に伝えることが難しく、誤った情報が拡散しやすい。
ジオロケーション
ファクトチェックの中でも最も難易度が高いのが、動画や画像から撮られた場所や時間を特定するこのジオポイント・ロケーションです。ウクライナ侵攻ではウクライナの様子として拡散された多くの動画が全く違う時に撮影されたものでした。動画や写真は「動かない証拠」だからこそ、拡散しやすくそれでいてファクトチェックにも有用です。

レイのブログ
修了後には...

ファクトチェックの世界大会、Youth Verification Challengeにご招待!
今年秋頃開催予定のファクトチェックのスキルを世界中の学生と競う大会にご招待します。Google社をはじめとする世界中のメディア企業がスポンサーとなって開催されます。詳細は今年春に公開いたします。

レイのブログ
の開催方法

一つのスマホで、
無限の冒険へ。
レイのブログの導入に必要なのは生徒さんのスマホだけです。大変な準備は不要で導入することができます。一度デモを体験されたい場合はお問い合わせフォームまで。

レイのブログ
のモデルケース

1
1時間 - レイのブログ
まず最初に、楽しんでレイのブログのゲームを解いてもらいます。生徒さんたちは少しづつこのゲームの目的や身につくスキルに気づいていきます。
2
30分 - レッスンセッション
レッスンセッションでは、今までに解いてきた数々の問題の意味を詳しく説明します。実際におきた事例や詳しいスキルについても解説し、レイのブログのゲームの中で学んだ内容を定着させます。
3
20分 - ワークショップ
このワークショップでは実際に「フェイクニュース」を作ることで、誤情報や偽情報はどのような形で、どんな人たちが作っているのかを感じてもらいます。そうすることで、さらに情報に対する感度が高くなります。

レイのブログ
導入の流れ

レイのブログ
運営チーム

チームについて
私たちは「学びを楽しくしたい」という目的のものと慶應義塾大学の学生で結成されたチームです。普段はコンピューターサイエンスを学ぶ傍ら2人のメンバーは日本ファクトチェックセンターで日々誤情報に対する記事を書いています。
Noa Horiguchi was born and raised in the USA for 18 years, before moving to Japan. Notably, he ranked 1st in the Youth Verification Challenge in Japan and placed 4th globally. Noa currently interns at Japan Fact-check Center where he ardently combats the spread of misinformation. He has also founded "Classroom Adventure", a revolutionary initiative that transforms classrooms into a place for adventure, educating teens on misinformation in a completely new approach. At the heart of Noa's work is a profound passion: teaching the next generation the importance of questioning information and instilling them with the nessessary skills to independently uncover the truth.
NOA HORIGUCHI
Co-founder / Keio University 3rd Year
・Intern at the Japan Fact-check Center
・Google Youth Verification Challenge2022 Japan
・National TeamLiT! Programming School Mentor
Hinata Furukata, a prodigious talent from Japan, has soared to impressive heights as the National Champion and a formidable 4th place contender at the World Championship in the Youth Verification Challenge, proudly hosted by the Google News Initiative in 2022. This prestigious accolade fueled his fascination with fact-checking, leading to the inception of 'Classroom Adventure'—his groundbreaking initiative which aims to empower future generations with the skills of fact-checking in a new innovative approach. As its founder, Hinata is driven by a commitment to develop content that not only enlightens but also inspires young minds in middle and high school, fostering a new generation of critical thinkers and truth-seekers.
HINATA FURUKATA
Co-founder / Keio University 3rd Year
・Intern at the Japan Fact-check Center
・Google Youth Verification Challenge2022 Japan
・Editor of a YouTube Channel with 200k+ Subscribers
Born amidst the vibrant culture of Japan in 2001, Zentaro Imai embarked on a life-changing journey to Canada shortly after his middle school graduation. It was in the diverse and inclusive atmosphere of Canada where he discovered his passion for education—a seed planted while interning at an elementary school. This experience was the catalyst for his visionary venture, YOMY!, an innovative online storytelling service that captivates and educates children aged 3 to 8. Currently, Zentaro is nurturing his academic and entrepreneurial aspirations at Keio University's esteemed Faculty of Policy Management, shaping the future of educational technology.
ZENTARO IMAI
Co-founder / Keio University 3rd Year
・Intern at the Japan Fact-check Center
・株式会社 YOMY! COO
・Tokyo University Matsuo Lab

レイのブログ
サポーター

レイのブログの開催実績

中学校

年齢:12-15
高知県の土佐塾中高等学校にて、中学校の探求コースに所属する生徒約60名を対象にレイのブログを開催。
2時限に分けたゲームとレッスン、そしてワークショップを全て含めたパッケージを提供。
まなび創造コース室長
和田栄治先生
体験の後にどういう意味があるか解説してくれるので理解しやすいし、自分でも簡単にフェイクを作れると知って実感がわいた。

高校

年齢:15-18
佼成学園では、グローバルコースでアントレプレナープログラムに参加する高校一年生の生徒に開催しました。ゲーム、レッスンそしてワークショップを入れた2時間パッケージを開催しました。
佼成学園 グローバルコース
北野尚之先生
生徒の食いつきが違いました。謎を解くというゲーム性ですごくのめり込んでました。普段使っているツールを、更に深く学べる」のも良かったと思います。

大学

年齢:18-22
目白大学ではメディア学部の生徒にレイのブログを開催しました。
90分の一コマでゲームと振り返りレッスンの二つを入れたパッケージで開催をしました。
目白大学 メディア学科 学部長
三上 義一 教授
ジャーナリズムの基本は、事実の確認。レイのブログではそれが学べます。普通はどうしてもレクチャーをしてしまうので、ゲームにしたら学生の参加度が上がりました。

言語学校

年齢:18+
渋谷外語学院では、「超級コース」と呼ばれる一番難易度の高いクラスでレイのブログを開催しました。普段学んでいる日本語をゲーム形式で使える、授業ではあまりない新鮮な体験を届けました。
渋谷外語学院 超級コース講師
小林明子先生
在日外国人は日本では情報弱者というグループに入るので、メディアリテラシーと日本語の両方を学ぶことができて、とてもためになった。実際に留学生が騙される事件も増えています。それを学校は守らないといけないので、こういうゲームをやらせたいと思いました。

レイのブログ
専門家の声

古田大輔氏

日本ファクトチェックセンター編集長 BuzzFeed Japan 初代編集長
レイのブログがいいのは、一つ一つのテクニック部分だけを教えるのではなくて、「こういう場合にはこういう能力を使わなきゃいけないんだ」っていうのを自分から学ぶことができる。自分で「探せた」という自信にもつながるというのがただ一方的に教えられるというより、本人たちの記憶にも残るんじゃないかなと思いました。

鍛治本正人氏

香港大学 ジャーナリズム・メディア研究センター 教授 / Annie Lab
このゲームをプレイすることで得られるファクトチェックの基盤となるスキルはとても重要です。正直、自分の講義よりも楽しいと思います。

全ての人が自分の真実を
見極めることができる世界。

私たちのビジョンは誤情報に騙されない未来を作ることです。

その未来は、誰かに「真実」を教えてもらっているだけでは訪れません。

全ての人が、自分で真実を見極められるようになってこそ、誤情報は解決できます。

一緒に誤情報に騙されない未来を作りませんか?
ぜひ皆様のご返事をお待ちしております。
レイのブログとは?
レイのブログはゲーム形式でファクトチェックのスキルを学べるプログラムです。
詳しい開催方法は?
レイのブログはオンラインでもオフラインでも開催可能です。ゲスト講師としてClassroom Adventureからメンバーを派遣いたします。一度デモや資料請求を行っていただけると詳しくしることができます。
開催時間は?
柔軟に対応できます。ですが、レイのブログをフルに楽しんでいただけるのは2時間のコース(ゲーム, レクチャー, ワークショップ)です。
レイのブログのストーリー内容
「Ray’s Blog」は謎解きゲーム方式でファクトチェックのスキルとマインドを学べる全く新しいプログラムです。日本の文化の象徴でもあるアニメの世界観で進んでいくストーリーは「レイ」と名乗る謎の人物からの挑戦状を受け取るところから始まります。プレイヤーたちは現実世界と同じく真偽がまざった情報たちの中から正しい情報を見つけて判断し、物語を進めていきます。大きな特徴として、「Ray’s Blog」では参加者は物語の世界を飛び出し、インターネットを使いながら、ファクトチェックを行います。参加者はゲームをプレイする中で情報を疑う力や、それぞれのメディアの特性(ショート動画や文字ベースSNS)など基本的なマインドセットを自然と身に着け、またGeopoint Location(画像分析)を始めとした専門的実践的なスキルにふれることができます。2023年の2月に日本語版をローンチし、これまでに様々な教育機関(中学校・高校/言語学校など)や単独イベントなどを開催してきました。
誰が運営してるの?
レイのブログはClassroom Adventureという団体によって運営されています。 メンバーについてこちらを御覧ください。
レイのブログが目指すことは?
私たちはレイのブログで世界中のすべての学生たちのメディアリテラシーを底上げしたいと思っています。インターネットを使っている人口は世界の60%まで到達しました。しかし、多くの人々が正しいメディアリテラシー教育を受けずに使用しています。そんな中で楽しく誰でもメディアリテラシーを学べるプログラムを開発しました。
どのようにして参加できますか?
もし、ご興味がありましたら、一度お問い合わせをお願いいたします。ゲームのデモや詳細な資料をお配りいたします。